レノビーゴの副作用が気になるなら、ブリアンがおすすめ

子供は虫歯の怖さがわからないので、ただただ歯磨きを嫌がります。
それでも頑張って歯磨きをしているのに虫歯になってしまった、なんてこともあるでしょう。

歯医者は時間がかかるので、忙しいママは時間のやりくりだけでも大変ですが、そんな悩みもブリアンなら解決してくれるかもしれません。

ブリアンとは?

虫歯予防の成分と言えば、歯磨き粉などに使われるフッ素が有名ですね。
たしかにフッ素は歯の石灰化を促進したり、虫歯菌の住処となるプラークの生成を防いで虫歯を予防してくれます。

ただし、フッ素にはフッ素症など副作用のリスクがあるのも事実
子供の安全性を考えると、やっぱり少しでも危険があるのは使いたくないですよね。

 

そこで開発されたのが、フッ素を使わず虫歯予防ができるブリアンです。
ブリアンに使われている虫歯予防成分は、BLIS M18という善玉菌です。

この善玉菌は虫歯になりづらい子供から発見された菌で、プラークを取り除いたり汚れを落として虫歯を防いでくれるのです。
善玉菌ですから安全性も高く、子供にも安心して使えるのがブリアンの特長です。

ブリアンの魅力

ブリアンは、歯磨きを嫌がる子や歯が綺麗に生え揃っていないせいで磨き残しのリスクがある子供の虫歯予防に効果を発揮してくれます。
そんなブリアンの魅力は、粉タイプでうがいをしなくてもいいというところです。

粉タイプはペースト状の歯磨き粉と違って添加物を使う必要がありません。
だからブリアンには殺菌剤や発泡剤、研磨剤、保存料、界面活性剤など少しでも害がある添加物を一切使ってないんです。

 

それに粉タイプだと、まだ歯磨きができない赤ちゃんでもガーゼで磨いてあげられますし、うがいもしなくていいので乳幼児からしっかり虫歯対策ができちゃいます
ちなみに有効成分のBLIS M18は、500μm以下の微粒子なので複雑で隙間が多く、歯ブラシでは汚れが取りにくい子供の歯の汚れを綺麗に取り除いてくれます。

味はいちごテイストなので、子供も抵抗なく美味しく歯磨きできるのもブリアンの魅力ですね。
もちろん、フッ素化物を使った歯磨き粉がすべて悪いというわけではありません。

 

ただできる限り安全に、さらに子供が嫌がることなくしっかり虫歯対策が出来るのはブリアンの特長でもあるので、毎日の歯磨きに悩んでいるママは一度使ってみるのがおすすめです。